HOME > ホワイトマックスブログ

●ホワイトマックスブログ

2012年4月アーカイブ
2012年4月26日 【スタッフブログ】
トイレにエアーシャワー?
安全衛生営業部の大橋です。
 
たまたま朝の情報番組を見ていると面白い発見がありました。
 
渋谷に4月26日にオープンする商業施設内のトイレに工夫がしてあるそうです。
 
トイレ内にエアーシャワーを設置し、スイッチを入れると消臭効果のあるエアーがでて、
臭いをとってくれるというものでした。
 
食品工場内では、エアーシャワーは体に付着している異物を取る為のものですが
ひとつ見方を変えるだけで違う使い方が出来るなぁと感じました。
 
いつでも頭を柔らかくして、柔軟な発想で製品企画に取り組まなければいけないなと感じました。
 
投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年4月26日 13:21 | トラックバック (0)
2012年4月12日 【社長ブログ】
考えすぎるよりは実行!<EMBニュースより>

 いつもお読み頂き、有難うございます。

4月になっても寒暖が安定せず、身近な所で桜が咲く気配が見られませんでしたが、台風並みの大嵐が過ぎ去ると、桜も「今がチャンス!」とばかりに、膨らませていたつぼみを一気に開花させました。新たな門出を迎える人達が多いこの時期、今年も桜の花が、前途を祝福するかのように咲いてくれるのは、嬉しい限りですね。

 

 さて、大震災から1年が経ち、復興への道のりを歩む東北、放射能の問題、節電の問題など、国をはじめ、地域も国民一人ひとりも対応していかなければならない問題が山積しております。さらに一般的に「今は不況」と言われております。大手から中小に至るまで、企業の方々にお会いすると、「しんどい、しんどい」、「厳しい、厳しい」というフレーズが、どこからでも聞こえてきます。先日は、南海トラフで大きな地震が起きると、西日本の太平洋岸にやってくる津波の新想定が発表されました。なにやら、世の中みんな悪いことだらけ。なにを信じて、どう動いていけばいいのかも、はっきりとしないような風潮です。

 

 世の中なにが起きるかわかったものではないのは、今も昔も同じことです。もちろん、事によっては、ある程度の予測ができることもあろうかと思います。今の科学技術は、昔に比べると飛躍的に進歩しています。それが将来の予測に、大きく役立っているのです。小惑星イトカワから表層のサンプルを持ち帰ってきた「はやぶさ」も、宇宙の起源や惑星の成立ちを知ることになり、これから地球がどうなっていくのかを予測するヒントに繋がっていくかもしれません。これが、次世代の人類の幸せに繋がる技術開発に発展するかもしれませんし、何らかの危機を回避するための手段に繋がっていくのかもしれません。とはいっても、私たちの身の回りには、まだまだ予測できないことや、解明されていないことだらけです。一部の人はわかっていても、ほとんどの人はわかっていないこともたくさんあります。私たちが存在している「今」は、そうした中でいつでも何かに努力し、より豊かに、より幸せに生きる道を、繰り返し紡いできた歴史の延長上にあるものです。

 

 私の両親は、二人とも大学で歴史を専攻していました。私が子どもの頃に「歴史を学ぶのは、将来のためなんだ」と聞かされたことがあります。素直な子どもの頃の私は、「うん、わかった」などと言いながら、実はなんのことかさっぱりわからず、「生きてるのは今なんだから、今と将来のことを学べばいいのに、なんで過去のことなんて勉強するのだろう?」と思っていました。そんな私も、大人になってからは原点に戻って考えるとか、歴史を知ることの重要性も多少はわかってきました。最近は、歴史や儒学の考え方に興味を持っているかたわらで、老荘思想に触れる機会がありました。私は本を買うのが好きで、しかしなかなか読まないという悪癖を持っているので、老荘に関する本も、とりあえずは買ってみました。学生の頃に習った世界史では、老荘思想=無為自然という浅すぎる理解です。「要は、何もしなくていいし、何をしても一緒という考え方ですな、ハイハイ」くらいの、せいぜい受験勉強用にしかならない知識です。

 

今になって思うのは、中国古典は文字数が少ないので、その文章の奥に潜んでいる意義を、どう解釈していくかが面白い所です。それほど深く勉強していないので、自分が感じたことしか書けませんが、老荘に触れて思ったのは、何をしても良くも悪くも結果は出てくるし、何もしなければ、何も結果が出ないのではなく、何もしなかったときの結果が出る。その中には、思い通りになることもあれば、思い通りにならないこともある。ただ、時間は止まることがないので、綿綿と歴史は紡ぎ出されてくるものだということです。そりゃそうだ。

 

課題山積みの新年度ですが、何をするにしても、世の中「将来が絶対に保障されているものなどない」のです。それだったら、考えることや議論することも必要ですが、止まっているよりも動かしたほうが良いのではないか。良いと思った方向に、失敗を恐れず動かしていく、そういうエネルギーがもう少し優先される世の中になっていくほうが、私は全体的に良くなるような気がします。失敗しないほうが良いに決まってます。しかし失敗を恐れて、何もしないままの結果を出していくというのは、私の学生時代の、誤った老荘の認識になるということです。

感謝。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年4月12日 15:15 | トラックバック (0)

●おススメのブログコンテンツ

安全衛生用語の基礎知識
環境への取り組み
エンバランス
エンバランスショッピングサイト
ホワイトマックスブログ
Facebookページ
Facebookページ
Copyright (c) 2008 Whitemax Co.,Ltd. All rights reserved.