HOME > ホワイトマックスブログ

●ホワイトマックスブログ

2012年10月アーカイブ
2012年10月26日 【社長ブログ】
自らの幸せを考える(EMBニュース11月号より)

いつもお読み頂き、有難うございます。
 
 ようやく秋らしい気候となりました。昨今の傾向からすると、短
い春、短い秋になるかもしれません。体が外部環境の変化に対応す
るため、季節の変わり目は体調に気を付けるように語られますが、
急激な季節変化は、身体の変化への適合も急激に行われるのか、春
と秋に体調を崩される方が、以前に増しているような気がします。
どうか皆さま、ご自愛くださいませ。
 
 さて先日、日本経済の先行きに関するセミナーを受けました。内
容を自分なりに整理すると、?デフレになっているのが悪い?これ
をインフレ気味にしなければならない?インフレ気味に持ち込むた
めには、もっと消費しなければならない?消費を喚起させるために
財政出動の必要がある、というような感じでした。様々な交流会に
顔を出して、いろんな話を聞きますが、総じて今の日本は景気が悪
いという話になります。外的な環境要因が、個人や自らが所属する
会社にも影響を与えることは当然ですが、昨今の景気指標を見てい
ると、数字が多少良かったからと言っても、全体的に良くなったと
いう感覚が得られないことが特徴です。どこか狭いところや見えに
くいところで、全体の数字を上げるための努力がなされているので
しょうけど、これがあまり表に出てこないから、外的環境は依然良
くないと感じるのでしょう。全体の閉塞感はぬぐいきれない状況で
す。
もう少しセミナーの内容を詳しくしましょう。まずデフレですが、
資本主義経済は原則的にインフレ気味に動かすほうが良い、つまり
物価が上がり、貨幣の価値が下がってくる状況のほうが良いとされ
ます。なぜなら将来モノの値段は上がるのですから、早いうちに消
費したほうが得だということになるからです。つまり、お金がモノ
やサービスを買うためにどんどん動く。これがデフレになるとどう
なるか。将来モノの値段が下がり、お金の価値のほうが上がってく
る。そうなると、世の中がデフレなのだから、「もっと消費しろ」
と誰かが言ったところで、普通なら「いやいや、今買うより将来の
ほうが安くなるし、まして借金なんかしたら、先々お金の価値が今
より上がるから、将来の返済は苦しくなる。だから買わないし借り
ない」という考える人のほうが多い。だから消費は鈍るのです。
ではどうするか。政治や行政主導で、消費を生み出そうということ
になるのです。これが財政出動と言われ、公共工事などに使われる
のです。これでお金をどんどん使い、消費していくリズムを作り出
そうということです。すると民間の景気も上昇し、そのリズムで動
いていくうちに、企業は利益が上がり、個人も給料が上がり、税収
も上がって国債発行額の減少にも繋げていける、つまり「景気が良
い」という状況になっていくのです。 
 
 では、お金を刷ってばら撒けば、みんなが使うか?それも疑問で
す。今の世の中なら、持ったままのほうがお金の価値が上がるので、
使わないままになる可能性が高いのです。だから公共事業などで使
おうということになるのです。ここからは私見になるのですが、た
とえ公共事業などで消費したとしても、果たして民間側に景気上昇
のためのリズムを作り出すことができるのか。過去にこのようなリ
ズムを生み出した事例はありました。それは右肩上がりに世の中を
豊かにしていこうとする力が、民間にみなぎっていたからでしょう。
公共事業は、そのようなリズムを生み出すための着火剤です。リズ
ムを生み出すエネルギーは、民間が発揮しなければなりません。着
火しても燃えなければ、着火剤分のエネルギーしか得られません。
では、燃えようとしない民間が悪いのか。私は、このあたりに何ら
かのジレンマが潜んでいるような気がするのです。

 私たちは、今は「資本主義社会」に身を置いている訳ですが、こ
の基本はお金を稼ぎ、使い、さらに稼ぎ、さらに使い、足りなけれ
ば借り、稼いで返し、さらに借りて、さらに返すというサイクルが
動いているときに「景気が良い」とされるものです。かつてこのサ
イクルを回すことで、私たちは、戦後に高度な文明を開化させてき
ました。そしてそこから生まれる幸福度も得られました。私たちが
生きていくためには、やはり自分も周りも幸せであってもらいたい
ものです。
今後、このサイクルを回し続けることが、果たして私たちの幸福に
繋がるのか。長い目で見たときには、そういう視点も加味して、将
来のことを語っていかなければならないような気がしています。資
本主義がダメだと言っているのではありません。こういう大変大き
な課題に接して、これから一人一人が自らの幸せ、他者の幸せのこ
とを、ダイナミックに考えて進化していく時代になると思うのです。
                            感謝。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年10月26日 18:07 | トラックバック (0)
2012年10月18日 【スタッフブログ】
消防訓練

こんにちは。

安全衛生営業部 事務 高橋です。

先日、社内で消防訓練をしました。

地震が起こったときを想定して、火元確認・安全確認・避難誘導など役割を決めて、外へ避難。

外へ出たら、すぐに部門ごとで点呼報告。

そのあとは1人ずつ練習用の水が入った消火器で、使い方の練習をしました。

 

一通りスムーズに行うことはできましたが、実際に火災や地震が起こった時に冷静に行動できるかが大切です。

こうした練習の機会を無駄にせずに、いざという時にきちんと行動できるようにしたいと思います。

 

消火器の設置場所や避難経路も探して慌てることないよう、普段から確認しておきましょう。

 

 

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年10月18日 15:34 | トラックバック (0)
2012年10月13日 【スタッフブログ】
新しい看板完成

先日、壊れてしまった看板がやっと新しく取り付けられました。

ピカピカでとても気持ち良いです。

看板が取り付けられるとビシッと引き締まる感じです。

こちらもまた気を引き締めて頑張ろうと思います!!

DSC_0334.jpg

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年10月13日 13:01 | トラックバック (0)
2012年10月 5日 【スタッフブログ】
ポリエチレン製手袋 第一回

こんにちは。

営業企画室の本田です。

 

春くらいから月に数回スタッフブログを更新していますが、

弊社の商品についてあまり触れたことがないので、10月からはテーマを決めて数回ずつ、紹介していこうと思います。

 

まずは、弊社の代表的な商品「ポリエチレン製手袋(以下、ポリ手)」からです。

なぜ食品工場では手袋をつけるのでしょうか?それは、食品が製造されてからお客様のお手元に届くまでに時間がかかります。この間にもし、食品に細菌が混入しているとその細菌が増加し、食中毒の原因になります。手洗いを完全にしても、手指からの細菌は完全に防ぐことはできません。ですから食品工場では手袋をして作業をしています。

 

ただ、手袋をするとその手袋自体が異物混入の原因になります。また、手袋が手に合っていないと作業効率が落ちてしまいます。

 

そこで、弊社の「ポリ手」は異物混入がないように、作業効率が悪くならないようにと工夫を凝らしてあります。

 

次回はポリ手の製造方法とポリ手を製造している弊社の滋賀工場の様子を更新します。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2012年10月 5日 15:53 | トラックバック (0)

●おススメのブログコンテンツ

安全衛生用語の基礎知識
環境への取り組み
エンバランス
エンバランスショッピングサイト
ホワイトマックスブログ
Facebookページ
Facebookページ
Copyright (c) 2008 Whitemax Co.,Ltd. All rights reserved.