HOME > ホワイトマックスブログ

●ホワイトマックスブログ

2013年3月アーカイブ
2013年3月28日 【スタッフブログ】
エプロン(第四回)

こんにちは。営業企画室の本田です。

今回は「レッジェーロン」の宣伝をさせていただきます。

さて、「レッジェーロン」というのは、特殊なウレタンフィルムを用いたエプロンのシリーズのことです。このウレタンフィルムは?摩擦に強い?軽い?引っ張りに強いという特徴があります。

摩擦には塩ビターポリンの約2倍もあります。軽さは塩ビターポリンの約2分の1です。引っ張りは2倍の長さに引き延ばしても引きちぎれません。

この特徴で現在は、「打ち抜きエプロンタイプ」「打ち抜きヒモ長エプロンタイプ」「打ち抜き腰下エプロンタイプ」「ワンタッチエプロンタイプ」「ワンタッチ着せ替えエプロンタイプ」「割烹着タイプ」のバリエーションがあります。

また、お客様のご要望にお応えして様々な形にすることができます。例えば、丈を短くしたり、巾を変えたりと。エプロン以外でも蛍光灯入れのカバンを作ったりできます。

ご興味を持っていただいのであれば、お問い合わせいただければ幸いです。

最後に「レッジェーロン」の名前の由来ですが、イタリア語で軽いという意味の「レジェロ」と「エプロン」の造語になります。

これでエプロンの説明は完了です。次回をお楽しみに。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2013年3月28日 18:23 | トラックバック (0)
2013年3月22日 【スタッフブログ】
エプロン(第三回)

こんにちは。営業企画室の本田です。

今回は弊社のエプロンの開発の歴史について触れたいと思います。

最初は塩ビターポリンを使った、ワンタッチでつけれるエプロンやヒモで首からかけるようなエプロンを作っていました。塩ビターポリンは油にある程度耐性があるものの、長期間油に触れているとコーティングされている塩ビが固くなり、ボロボロになってしまいます。それでは異物混入になってしまうとお客様から言われ、油に強いウレタンターポリンのエプロンを作ることになりました。

今度はヒモがほどけたり、菌が増殖して黒くなったりすることで異物混入になると言われ、ウレタンターポリンの生地を使って、縫い合わせてヒモを作りました。

今度はその縫い合わせの部分の縫製している糸がいずれにしてもヒモと同じような素材なので、異物混入につながると言われたので、ウェルダー溶着という方法で糸を使わずに生地同士をひっつけてヒモを作りました。

このターポリンの生地は重く、つけている方が肩こりになったり、重いものを長時間つけていることで作業効率が落ちたりするというお声がありました。また、ターポリンの素材は合成樹脂の部分が削れてしまい、異物混入の原因になる言うお声もありました。そこで、「それならウレタンのフィルムで作ろう」ということになり、今現在、ご好評いただいている「レッジェーロン」というシリーズのエプロンが出来上がりました。

このようにお客様の抱えているちょっとしたお困りごとを解決することで、お客様に喜んでいただける商品を創ってきました。

次回は、少し宣伝になりますが「レッジェーロン」のご説明をさせていただきます。


投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2013年3月22日 19:05 | トラックバック (0)
2013年3月15日 【スタッフブログ】
エプロン(第二回)

こんにちは。営業企画室の本田です。

今回はエプロンの素材についてご説明させていただきます。

エプロンの素材は大きく分けると3つに分類されます。

?ポリエチレン:ゴミ袋と同じ素材です。

?塩ビ(ビニール)ターポリン:運動会のテントに使われている素材です。

ここで、「ターポリン」の説明をさせていただきます。

「ターポリン」とはビニールやウレタンなどの合成樹脂を織物にコーティングした、フィルムをラミネートしたものをいいます。

?ウレタンターポリン:上記の塩ビの部分がウレタンに変わったものです。

?布製:ご家庭で使われるエプロンと一緒です。

ポリエチレンは価格が安いので使い捨てをすることを念頭においた使い方をされるところで使用されています。

塩ビターポリンはスーパーのお魚屋さんがつけているようなエプロンです。何回も使えるエプロンとしては比較的価格が安いので、良く使用されています。

ウレタンターポリンは塩ビターポリンよりも高いのですが、耐油性に優れているので、油に良く触れるところで使用されています。

作業される環境によって素材を選び、その後形を決定していくと最適なエプロンにいきます。

次回は弊社のエプロン開発の歴史について触れたいと思います。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2013年3月15日 19:05 | トラックバック (0)
2013年3月 7日 【スタッフブログ】
エプロン(第一回)

こんにちは。営業企画室の本田です。

今回はエプロンについてご説明させていただきます。

エプロンと一言で言っても多くの種類があります。

ご家庭で使われるようなもの、運動会で使われるテントの素材を使ったもの、ゴミ袋と同じ素材で作った使い捨てができるもの等色々あります。

作業環境、お客様のご予算、使い勝手などがお客様ごとに異なりますので、多くの種類や素材を用いたエプロンが生まれました。

エプロンをなぜ使うのかというのも、ユニフォームを汚したくない、安全のためになど色々な考え方があります。

多くのちょっとした困りごとを解決するために様々なメーカー様が、多くのエプロンを開発していきました。

弊社もそのひとつの会社になります。

お客様のお困りごとを解決するために、お客様に最適なものを創り上げていきたいと想います。

次回は、エプロンの素材について少し詳しくご説明させていただきます。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2013年3月 7日 16:24 | トラックバック (0)
2013年3月 1日 【スタッフブログ】
活力朝礼

営業企画室の本田です。

2月18日に弊社が所属しております、枚方・交野倫理法人会が主催されました倫理経営講演会で弊社が行っている「活力朝礼」の実演を行いました。

他の方に見ていただくということもあり、1週間という短い期間に、いつも意識していることを再度確認しながら、全員の意識の統一をするために練習しました。

練習ではいつも以上に細かい部分を意識しました。例えば、気をつけの時の手の位置、指先の延ばし方です。

弊社にはホワイトマックスの社員としての心構えを文章で表した「ベーシック・ムーブメンツ」というものがあります。この中の第17条に(第19条まであります)、「私は、小さなことでも注意する視点を持ちます。感動は、いくつもの細やかな配慮の積み重ねであると理解します。」というものがあります。

今回の朝礼の実演はこれを体現したものであると感じました。細かい部分にひとつひとつ注意し、それを全員で積み重ね、意識を同じにすることで見ていただいた皆様に感動を与えることができました。

朝礼の実演後、皆様からはお褒めの言葉を多くいただきました。この場をかりて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

P2183333.jpg

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2013年3月 1日 18:03 | トラックバック (0)

●おススメのブログコンテンツ

安全衛生用語の基礎知識
環境への取り組み
エンバランス
エンバランスショッピングサイト
ホワイトマックスブログ
Facebookページ
Facebookページ
Copyright (c) 2008 Whitemax Co.,Ltd. All rights reserved.