HOME > ホワイトマックスブログ

●ホワイトマックスブログ

2015年4月アーカイブ
2015年4月24日 【社長ブログ】
エンバランス新鮮ラップの挑戦(EMBニュースNo.110より)

 いつもお読み頂き、有難うございます。

 エンバランスの新鮮ラップが発売となりました。エンバランスは、弊社が生鮮食品の鮮度保持の研究に着手し、様々な実験を繰り返してきた過程で生まれてきたものです。初期は普通の袋だけだったものがチャック付の袋も追加され、袋だけでなく丸型や角形の保存容器も生まれ、水をはじめとする液体保存用途の製品にも発展してきました。これまでの製品づくりにおいては、色んな加工メーカー様のご協力を経て生まれてきたものです。今回のラップは、エンバランスが生まれた頃から、多くのお客様の要望があったものが実現したものです。

 

 ラップというと、袋に入れるよりも小さく包める、食器のフタとして使って食品を覆うなど、現代生活においては普通にご家庭にあるものです。もちろん、無駄に使うとゴミを増やすことになるので丁寧に使いたいものです。昨今は、様々な素材の製品があり、外気の遮蔽率の高いもの、耐熱性の高いもの、張り付きの良いもの、安価なものなど、各メーカーが様々な特徴を謳って販売しております。大量生産でコストを抑える努力もさることながら、販売競争も熾烈なので、ユーザー側もその恩恵を受けている製品群であると言えるでしょう。

 

 そんな中で、私たちが作ったエンバランス新鮮ラップは、新たな挑戦と言える商品です。そもそも「作る」ということだけでも、大量に生産している大きなメーカーさんとの共同作業でないと実現できない製品です。私たちのような小さな会社にとっては、そういう製造面での問題がありました。また、エンバランスが生まれたきっかけは、環境問題を意識することからです。できるだけ使い捨てを避け、モノを大切に使うという思いがあります。そんな中で、どうしても使い捨てにされやすいラップというものを企画する以上、それだけメリットの大きいものでなければなりません。恐らく、今までのエンバランス製品の中で、使い始めから最終的にゴミになってしまう期間は、この新鮮ラップが一番短いものになります。環境負荷のことを考えるのなら、やみくもに物量を販売することだけではいけません。そういう「思い」の部分と「メリット・デメリットのバランス」の課題もありました。長い時間をかけて、ラップをやるかやらないかを考えてきました。

 

そしていよいよ試作ができる環境が整い、試作品ができ上がりました。とにかく、商品化するかどうかは別にして、「まずは現物を作ってみようじゃないか」となったのです。そして実験を繰り返して効果を確認し、一方では商品としての思いや考え方に葛藤がないのか、頭をフル回転させてきたのです。構想が始まったのはずいぶん昔、構想の具体化に動き始めたのが2012年くらいだと思います。これまでのエンバランス製品どおり、良い結果は色々と確認できました。生産面においても問題はありません。実際にお使いいただくと、きっとこれまでの袋や容器だけでは若干不便と思われていた使用環境でも、ラップだからこそ便利にご活用いただけることが増えると思います!今回私たちは、これまでのラップに鮮度保持という付加価値を与えた先駆者的な存在になりました。ラップそのものが、鮮度保持や保存期間延長のために生れたとも言えますが、そこをさらに踏み込んで付加価値を与えたということです。

 

ただ、販売しておきながらこんなことを言うのは、甚だおかしいことをわかりながら、敢えて申し上げておきたいのです。ラップは使い捨てにされやすいものですが、資源を大切にして、そして本当に有効活用してもらいたいと思うのです。中身が長持ちすることによって、トータルで考えるとゴミや廃棄されるものが少なくなるとか、様々な保存方法を組合せて環境負荷を減らすとか、無駄やもったいない結果を減らす努力をするとか。そういう思考プロセスがうまく働くと、きっと新鮮ラップの価値が上がってくると思うのです。

 

 幸い(?)私たちの力も及ばぬところがあって、商品化されましたが価格は従来からある一般的なものに比べると、ずいぶんお高い商品になっております。スミマセン!しかし、だからこそ大切に使うきっかけにもなると思いますし、先述のように、うまく思考プロセスを働かせてご活用してもらいたいのです。これが、私たちの新たな挑戦なのです。その思考プロセスを共有できたとき、単なる使い捨て商品が、大きな意味を持つものになると思うのです。

感謝。

投稿者: ホワイトマックス | 日時: 2015年4月24日 16:57 | トラックバック (0)

●おススメのブログコンテンツ

安全衛生用語の基礎知識
環境への取り組み
エンバランス
エンバランスショッピングサイト
ホワイトマックスブログ
Facebookページ
Facebookページ
Copyright (c) 2008 Whitemax Co.,Ltd. All rights reserved.